ほぼ日手帳に新年の意気込みを書き初め。抱負が心の奥底に焼きつくような気がします

ついに明日は仕事初め。

お正月休みの間に、新年の抱負を新しい手帳に書くぞー!

…とMy締め切り設定していました。

たまたまTwitterでみかけた

『2018年の意気込みを漢字1文字で表す』

というスタバの書き初めイベント。

Twitter

実際のイベントには参加できなかったけれど、これに触発されて、自分でも新年の抱負・意気込みを漢字1字で表してみました。

スポンサーリンク

2018年の抱負は…

これです!

『時』

時間は、すべての人に平等に流れているもの。

そして、すべての基盤になっているもの。

どんなささいなことも、時間を使わずにできることって何もないです。

だから、その使い方を考えることは、すべてに通ずると考えています。

でも…時間の使い方ってすごくむずかしい…!

私にとって、永遠のテーマかも…。

けれど、時間の使い方は手段であって目標ではないんですよね。

時間をうまく使って、いろいろやりたいことがあるんです。

昨年の反省を活かしたい

昨年は、「時間がない!」という状況に追い込まれることが多々あり…

そうなると心にも体にも余裕がなくなり、更に物事がうまく進まず悪循環…。

家族や職場の方々にも、迷惑や心配をかけてしまうことがありました。

そのたびに、

『しっかり時間を管理できるひとになりたい!』

『もっと余裕をもって生活したい』

という思いが、ふつふつと。

子育て中だから。

時短勤務だから。

時間がないのはしかたない。

そう言ってしまうのは簡単だけど…でも。

そんな状況の中でも、工夫次第で時間を有効に、そして最大限に活かすことができるんじゃないかな?

と思ったのが、この抱負を考えたキッカケです。

世の中には、仕事にしろプライベートにしろ、

「忙しいだろうに、いつこんなにやってるの?」

と思うほど、効率よく人生を回して楽しんでいる方々がいます。

私も、自分に合った「時間の使い方」を見つけていきたいです。

具体的には

時間は有限であることを意識して生活する

ということを大目標に。

具体的な目標と、その対策はこんな感じです。

◇タイムマネジメントを身につける

・タイムマネジメントについて気になっている本を読む

・時間の使い方の上手なひとから話を聞く

・ほぼ日手帳を使って、自分らしい時間管理、スケジューリングを確立する

◇大切にしたいもの、チャレンジしたいことなどに使える時間を捻出する

(私の場合、

大切なものは、子ども、夫、家族とゆっくり過ごす時間。

チャレンジしたいことは、いろいろありますが…ブログをもっと有意義なものにすること、仕事に関する勉強、趣味に関する勉強などです。)

・早起き習慣を身につける

・ほぼ日手帳やブログに思考をアウトプットして、本当にやりたいこと、やるべきことを整理する

◇「めんどくさい」と思って先延ばしにするのをやめる

・5分以内で終わることはなるべくその場でやってしまう!

◇メリハリのある時間の使い方を研究する

・睡眠時間は削らない

・時間を効率よく使うことにばかりとらわれすぎて、ひとの心を失うようなことはしない

・子育ても仕事も趣味も、時間でなく密度を意識する

手帳に書くことによるメリット

私の場合、字や絵をかくことが好きなので、『かく』ことによって目標や抱負が心に浸透しやすい気がしています。

今回は、たまたま見かけたスタバのTwitterに刺激を受けて、漢字一文字を筆ペンで書いてみました。

習字を習ってなかったので、けして上手ではないけれど、一筆入魂!で、気持ちを込めて書きました。

うーん、やっぱり、筆の文字っていい!

力強くて、抱負を書くのにぴったりでした。

これから毎月の抱負を筆ペンで書こうかな?

明日から、また1年の仕事が始まります。

昔は、振袖を着て出社、会社で新年会をして、ほぼ仕事はせずに終わり…という時期もあったそうですが。

今は簡略化されて、朝に全社員が集まって新年の挨拶をするだけ。

それはそれで、ちょっとさみしい気もするけれど、明日はたんたんと、仕事に向き合いたいと思います。

思ってる以上に頭もにぶってそうだから、無理しすぎず、いつも以上に丁寧に…を心がけて。

お正月休みらしい休みもなかったり、今日から仕事初め…という方々もたくさんいらっしゃることと思います。

本当にお疲れ様です。

明日から、また私も子育てに、仕事にとがんばります!

それでは、明日も心晴れる1日を:)