【洗面所をランドリールームに(1)】洗濯物はワンアクションで片づける。洗濯カゴはいらないかもしれない

ちょっと前に、

洗濯カゴがこわれました。

おもに、乾いた洗濯物をリビングに運ぶために使ってたもの。

息子たちが中に入って、遊んでたのが原因。変形してしまって、もう戻らない。

これはもう、さよならするしかないなぁ。

次はどんなカゴにしようかな?

…と考えてたけれど。

ちょっと待った!

モノがこわれたときは、買い直す前に、

「それは本当に必要だった?」

と見直すチャンスと聞いたことがあります。

乾いた洗濯物をカゴに入れてリビングまで運び、

たたんで、

またしまう。

そういえば、この家事動線にずーっとモヤモヤしてたのでした。

もしかして、もっと効率的なやり方があるかも…?

そこで、しばらく洗濯カゴなしで生活してみることにしました。

スポンサーリンク

洗濯物の片づけはワンアクション

わが家は、基本的に部屋干し。

洗面所に干しているので、洗面所干しです。

そして、タオルや下着類はドラム式洗濯機で乾燥しています。

これまで、洗面所干しにしろ、乾燥機にしろ、

乾いた洗濯物はカゴに入れてリビングまで運び、たたんでいたけど。

今や、そのカゴはございません。

そこで、効率的な家事動線をかなえるために

洗濯物はなるべく洗面所内にしまう

ということにしました。

タオルはすぐかける&しまう

まず朝起きて、乾燥機に入れていた洗濯物の中から、バスタオルを取り出します。

間髪いれず、

洗濯機向かい側のバスルームドアに、タオルをかけていきます。

朝顔を洗ったときと、その日の夜のお風呂上がりには、このタオルを使います。

ブラウンのバスタオルは、スモールサイズのもの。

ビッグフェイスタオルという大きさで、乾燥機でも乾きやすいです。

色も統一して、家族4人+1枚の計5枚のみもっています。

(ブルーの大きいのは二男が赤ちゃんだった頃つかっていた名残です。)

毎日乾燥するので、この枚数で十分です。

by カエレバ

子どもの服はたたんでカゴの上へ

乾いた洗濯物は、(ショップの店員さんの気分で)立ったままたたみます

汚れものを入れる白いカゴはフタがついているので、

その上に、たたんだ子どもの服などをかさねていきます。

いまのところ、着替えの都合上、子どもの服はリビングのタンスに入れています。

本当は洗面所に収納があったら便利だけど。

今後の課題ですねー。

大人の下着と靴下などはたたみながらしまう

実は以前から、私と夫の下着は洗面所の棚にしまっています。

お風呂上がりの効率を考えてそうしていたのですが、しまう上でも都合がいいことに今更ながら気づきました。

さらに、私の部屋着&普段着(通勤服も含む)も、

たためるものは洗面所の引き出しにおさまっています。

▽断捨離で服の数を減らしたのです

育休明けの通勤服は春色でモチベーションUP!子育て中のクローゼット事情。
育休明けの通勤服は春色でモチベーションUP!子育て中のクローゼット事情。
こんにちは。 2017年5月から職場復帰がまっているマイミです。 育休中は毎日デニムとカットソー&コットンニットを着まわしていた...

洗濯物を片付けている間は、こんな風に、しまう場所を解き放って…

たたんだそばからしまっていきます。

保育園グッズは乾燥機を念頭にえらぶ

保育園用の帽子やタオル、エプロン、オムツカバーなど、

保育園でしか使わないものも、その場で保育園バッグに入れてしまいます。

ちなみに、1歳7カ月の二男が保育園で使っているエプロンは、

乾燥機にかけられること

を基準に選びました。

保育園エプロンの宿命ですが、すぐカビたり、くさくなったりしますからねー。

このエプロンは、厚めで汁類もしみ込みにくいダイバー素材です。

3枚しかないので、おもに給食用。

乾燥機にもよく耐えます。

でも、マジックテープ部分がはずれたまま乾燥すると、変なところにくっついて…

こんなふうに傷ついちゃうので、注意です!

おやつは1日2回ありますが、給食ほどがっつりしたものはでないので、

おやつ用のエプロンは、「おりこうタオル」を使っています。

タオルとしても、エプロンとしても使えて便利です。

エプロンも、お手拭きタオルも毎日乾燥機にかけるので、

手持ちの数は必要最小限(2日分+1枚ずつ)にしています。

by カエレバ

by カエレバ

洗濯カゴなし生活をしてみて

さて、洗濯カゴなし生活をしばらくしてみて、1番実感するのは

リビングで洗濯物が山になっていることが格段に減ったこと。

時々、子どもたちの要求や時間に追われて、洗濯ものたたみが追い付かず、

リビングまでもちこんでしまうこともあるけれど。

こーんな感じになることは、ほとんどなくなりました。

洗濯は毎日のことなので、洗濯機や物干しに洗濯物があると、

次の洗濯ができないですからね…。

背水の陣というわけです。

そしてなにより、

ワンアクションで片づけられるしくみ

にしたことで、

片づけ自体の「めんどくさい」が少し改善したことが、洗濯物を片付けるやる気につながっているかも。

次回は【洗面所をランドリールームに②】をアップ予定です。

それでは、今日も心晴れる1日を:)