ピンチ!電子レンジが壊れた…やりがちな故障原因とその予防・対処法。MUJIで時短する朝ごパン。

いつもお世話になっていたお方が入院してしまいました。

色白で、包容力があって、いろんなことができる方。わが家との出会いは5年ほど前になるでしょうか。

バタバタとした日常の中、いつも頼りにしていました。それなのに…(涙)

…そう、電子レンジがこわれました…。

わかりにくくてすみません(笑)

3歳と1歳の息子を育てながら共働きのわが家にとって、電子レンジは必需品です。

今回は反省もこめて、電子レンジを長く使うコツについてまとめてみました。

スポンサーリンク

故障の原因?と解決策

わが家の電子レンジは多機能のもので、回らない電子レンジです。

もっともよく使うのは電子レンジ機能で、冷凍ごはんやつくりおきを温めなおすのによく使います。

多機能電子レンジなので、オーブン機能で魚やグラタン、クッキーを焼いたり、トースター機能でパンをトーストしたりも。

ちょっと前から、電子レンジを使っているときにブーン…!という何かが共鳴しているような異音がしていました。

しばらくすると異音もなくなって使えるようになっていたので、そのまま使っていたら…ついに先日、異音の後にエラー表示がでてまったく動かなくなってしまいました。

さいわい、長期保証の期間内だったので無償で修理をお願いできました。

電話をした翌日には修理にきてもらえましたが、予想以上に部品が壊れていたようで…その場で修理するより一度引き取って修理することをすすめられました。

部品が焼け焦げている部分もあったので、ちょっとこわくなりましたね…。

異音がした時点で、もっと早く修理をお願いしておけばよかったです。

それで、今後のために、故障につながる使い方や対処法などメーカーの方に教えてもらいました。

取扱い説明書どおりの使い方をする

これは当たり前のことかもしれませんが、家電の説明書って分厚いので、私は説明書をすっとばして使ってしまうこともよくありました。

実際、冷凍ごはんなど温めるとき、皿に乗せずに直接電子レンジの庫内に置いて温めてしまっていました

これが原因かもしれないとのこと。

また、取扱い説明書どおりに使っていなくて故障した場合、販売店でつけている保証がきかなくなり、修理が有料になってしまう場合があるそうです。

今回、来てくださったのはメーカーの方で、「お客さんの不利になるようなことは販売店さんに言わないので…たぶん大丈夫(無料)だと思いますよ〜」と言ってくださったのですが…おやさしい方で感謝です。

説明書、ちゃんと読まないとダメですね…反省です。

少量を自動加熱しない

わが家の電子レンジ、あたためるモノの重さを自動で計測して、希望の温度まで加熱してくれるという便利機能があります。

でも、これを少量のモノを温めるのに使ってしまうと、電子レンジとしては「あれ?何も入ってない?」と感知できず、いわゆる空炊き状態になってしまうそうです。

小さい子どもがいたり、お弁当をよく作る家庭でよくあるそう。

わが家でも、子どものために少しだけ…とごはんを温めなおしたりしていました。

その解決策として教えてもらったのは、水を入れたマグカップ(耐熱性のもの)などを一緒に庫内へ入れること。そうすると、空炊き状態にならないそうです。

こんなこと思いもしなかったので、目からウロコでした!

子どもの食事やお弁当などで少量をあたためられるのは便利なので、今後はこの対策を試してみたいと思います。

なんとか朝ごパン。MUJIアイテムで時短の工夫。

そんなこんなで電子レンジ(トースター機能つき)が入院中なので、5日ばかり代替機で生活しています。が、代替機にはトースターはついておらず。

今朝はパンを食べたかったので、フライパンで焼きました!

昔ばあちゃんがこうやって焼いてたなぁ…(笑)

食パンに切れ目を入れて、バターが染み込みやすいようにしてみました。

けっこうおいしく焼けましたよ〜:)

わが家では、こうしてフライパンをそのままテーブルにどーん!と出してしまうことがよくあります。無印のコルク鍋敷きがシンプルでお気に入りです。お手頃なので、3枚もっています。

コルク鍋しき 直径約21x1.5cm | 無印良品ネットストア
厚めの再生コルクを使用しています。

メープルシロップもかけていただきました。バターとの相性がバツグンですよね〜♪

バターは使いやすく薄切りにしてアルミホイルに包み、こちらも無印のホーロー容器に保存。

液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器 小 約幅9.5×奥行11.5×高さ5cm | 無印良品ネットストア
ホーローを使用しているのでニオイが付きにくく酸にも強い保存容器です。蓋にバルブ(弁)を付けることで、密閉状態を作ることができ、ニオイや液体を漏らすことがありません。

朝ごはんでパンを食べるのは週に1〜2回なのですが、その場合によく使うものをカゴにまとめています。そのまま冷蔵庫に入れておけば、朝の時短につながります。

先ほどのバターやジャム、メープルシロップを入れています。また、パンの場合ソーセージを添えることもあるのでマスタードも。

でも、こういった小さなビンからいろいろ取り出すと、スプーンがたくさん必要ですよね。朝は1分1秒あらそうので、余った小さいスプーンを紙コップに入れて、カゴに用意しておくと便利です。

まとめ

電子レンジの寿命は約10年ほどと言われていますが、今回は5年たたないうちに故障してしまいました。

日頃よく使う家電ですが、ないならないでなんとかなるかも…と思いつつも…。

やはり子どもが小さいうちは、手放しで温めたり調理してくれる電子レンジはとても心強い存在です。

そんな電子レンジ、できるだけ長く使うためにも注意すべきと思ったのはこんなことです。

  • 取扱説明書をよく読む。
  • 庫内に食べ物を直置きしない。皿にのせる。
  • 空炊きを防ぐため、少量を自動加熱しない。その場合は水を入れたマグカップも庫内は一緒にいれる。
  • 異常があったら放置せず、すぐ修理を。
  • できたら長期保証に入っておく。

わが家の電子レンジ、退院してきたら労って使っていこうと思います。

それでは、今日も心晴れる1日を:)
∞∞こちらも参考にどうぞ∞∞
にほんブログ村テーマ
MUJI 良品週間

無印良品アイディア帖