グレーが好き。2017年のラッキーカラーはグレーということにしました。

グレーが好きです。

このブログのテーマである「晴れた空」の色も大好きなのですが。

白でもない、黒でもない、中間の色にあこがれるには理由があります。

グレーは包容力のある色

グレーというと、「くもり空」とか「グレーゾーン」とかあまり良いイメージがないかもしれません。

でも、私が抱くグレーのイメージはとても包容力のある色。

ひとくちにグレーといっても、白と黒の割合によって濃淡のちがう無限のグレーができます。

グレージュ(ベージュがかったグレー)とか、シルバーグレー、ラベンダーグレーなどなど、グレーと名のつく色はとてもたくさんあって、色の設定などをお仕事にしている方にとって、グレーは1番難しい色だと聞いたことがあります。

白のもつクリーン・純粋なイメージと、黒のもつ貫禄・底知れない力のようなイメージ…

この両方のイメージをもちながらも、他の色彩の魅力を生かしつつ、上手に取り込んでしまうその包容力に強く惹きつけられるのです。

私はアジサイが好きなのですが、アジサイの鮮やかな色が梅雨空に映えるのも、そんなグレーの包容力がなせる技なのかも…と思ったり。

極端でなくグレーゾーンな考え方を受け入れたい

もともと、私は白黒はっきりつけたい性格でした。

今はだいぶましになったのですが。

ケンカしたら、どっちが悪かったかはっきりさせたい。

何か話し合いをしていたとしたら、結論がちゃんとでるまで、納得するまで突き詰めたい。

そんな感じでした。

どちらかというと、極端に物事を考えてしまうのだと思います。

これがよい方向にむけば、仕事やものづくりなどに良い影響があるのでしょう。

でも、私はマイナス思考におちいる原因の1つはこの「極端な考え方」にあるのではないかと考えています。

マイナス思考におちいると、どんどん極端な考え方が頭を支配して負のスパイラルにはまってしまう。

そもそも世の中では、白か黒かはっきり結論がつけられる物事の方が少ないと思います。

「グレーゾーン」を受け入れられる寛容さがほしい…!

そんなあこがれも、私がグレーを愛する理由のひとつになっています。

グレーの服を着こなしたい

それから、単純にグレーの服や小物が好きだから、という理由もあります。

これまでも迷ったらグレーを買ってしまう傾向がありました。

最近、手持ちの服を見直しているのですが、グレー率がとても高いです。

似合う色をみつけられるパーソナルカラー診断がはやってますが、セルフチェックできるのをやってみたら、グレーもそのひとつにありました。

グレーばかりだと、コーディネートが変わりばえしなくて、「いつも灰色着てるひと」になっちゃうかなと思いつつも。

グレーをテーマカラーにして、好きなカラーを差し色にするのも、それはそれで自分らしいのかなと思ったり。

2017年のラッキーカラー

ラッキーカラーって、自分で決めるものなのかという話もありますが。

まだ今年の目標もはっきり決めてないので、ひとまず

中身も外見もグレーなひと

でいきたいと思います。

それでは、今日も心晴れる1日を:)