育休明けの髪型どうする?モチベーションがあがる髪型で職場復帰にそなえたい。

こんにちは!丸顔主婦のマイミです。

最近の悩みは、育休明けの髪型について。

育休明け、ひさしぶりの職場にどんな髪型でいけばいいの?

ともやもやしますよね。

季節は春。

新しい門出ですから、お気に入りの髪型でモチベーションをあげつつ職場復帰したいものです。

そこで今回は、

育休明けの髪型はどんなのが適切?

下ぶくれに近い丸顔(私の場合)に似合う髪型は?

扱いやすい長さは?

色は?

そんなお悩みについて研究してみたいと思います。

スポンサーリンク

育休中はこんな髪型でした

子育てに専念していた育休中。

自分の髪型についてはかなり無頓着になってました。

条件としては、

  • 丸顔に似合う
  • スタイリングやシャンプーなどしやすい
  • 結べる長さ
  • 長期間、美容院にいかなくてもいい髪型や色

ということで、行きつけの美容院で提案してもらったのが、

  • 鎖骨あたりの長さ
  • 以前入れた色(暗めのブラウン)を生かす
  • デジタルパーマをかける
  • 前髪は短めにアシンメトリーにする

でした。

デジタルパーマは半年くらいもつので、その後は3ヶ月に1回くらいカットのみ。

で、以前染めていた部分はほぼなくなり、今は地毛の色となりました。

デジタルパーマもほぼとれかけな状態です。

育休明けにぴったりの髪型についてさぐる

育休明けは、ひさしぶりに職場の方々と対面することになります。

職場の方々に不快感を与えず、スムーズに仕事を軌道にのせるためにも、

  • 仕事のモチベーションがあがる
  • 自分に似合っている
  • 職場の方々にも良い印象をあたえる

そんな髪型が理想です。

でも、家に帰れば子どもたちとのバタバタな日常が待っています。

あまり手の込んだことはできないし、すぐ乱れ髪になることはさけられません(笑)

ということで、

  • 扱いやすい
  • 頻繁に美容院にいかなくてもいい髪型や色

という点は、これまでと変わらず維持したいところ。

自分に似合うとはどういうことか

自分に似合うというのは、いろいろな意味があると思います。

  • 自分のコンプレックスをうまくカバーできて自信がもてる
  • 現在の自分、もしくは、なりたい自分のイメージに合っている

私はこの2点を重視しています。

まず、私の場合コンプレックスである下ぶくれに近い丸顔。

これをなんとかカバーするため、思春期の頃からいろんな雑誌を読んだり、美容師さんに相談したりして、血のにじむような努力、研究を重ねてきました(おおげさ)。

下ぶくれに近い丸顔に似合う髪型

丸顔…といっても、小顔であればかわいらしい印象だと思うのです。

でも、私は顔も大きいし、下ぶくれに近く。

さらに顔の中心にパーツが集まり気味なので、輪郭が強調されるパターンです。

そんな私の経験からいうと、どんな髪型にしようとも、以下のポイントを守ると、丸顔をカバーして小顔効果があるような気がしています。

  • 顔まわり(特に頬骨)に少し毛がかかるようにする
  • おでこは全部かくさない。でも全部ださない。
  • ワンレンにするなら、頬骨をかくすようにする。
  • 長めの前髪を作るなら、ななめ前髪がおすすめ。
  • いま流行りの短い前髪にしたい場合は、パッツンはさけて、少し隙間があいたアシンメトリー(ナナメにカットしてもらう)にする。

そう考えてみると、できない髪型としては、ベリーショートくらいでしょうか。

かっこいいので1回やってみたいんですけどね…ほっぺ全開になるため、いまだ挑戦できてないです。

モチベーションのあがる髪型とは

髪を切る。

これだけでもスッキリして、気分もあがりますよね。

さらに、自分に似合っていればモチベーションも上がってきます。

今回は育休あけということで、仕事や新生活への意気込みも髪型にあらわれていくのでは…と考えてみたり。

私は産休と育休合わせて1年半近く、職場からはなれていたことになります。

なので、

髪型を大きく変えず、『以前といい意味で変わってません!』

と表現するか、

髪型を大きく変えて、『育休中も自分を成長させてきました!』

とアピールするか、迷いどころです。

以前、テレビで『なりたい自分をイメージした髪型にすると、中身もそのイメージに近づいていく』というのをやっていて。

そのときは、転職にあたり『デキル女』っぽい髪型にしたら、年収もあがった…という話でした。

たしかに転職の場合は、第一印象というものがあるので、効果があるかも!と思うのですが。

私の場合、何年も働いた職場で、育休前から同僚や上司もほとんど変わっていない状況。

今まで明らかにデキル女でなかったため、今さら『デキル女』をアピールしても意味ないかなぁと(笑)

だったら、自分がなりたいイメージを大切にしつつ、管理しやすい髪型をめざそうと思います。

結論

私のめざすイメージは…

  • 仕事は責任もってしっかりこなす
  • 自宅では子どもとの時間を大切に
  • 家事は適度にてきとうに。テキパキやることはやって自由時間を楽しむ
  • 適度にオシャレも楽しむ

というわけで、それを満たす髪型は…

  • 仕事中も家事中も結んでスッキリできる長さ
  • 時にはヘアアレンジをしたり、髪をおろして気分転換できる髪型
  • ただのポニーテールでもさまになるようにデジタルパーマをかける?
  • 乾かす時間をとりたくないので長すぎない(鎖骨あたり?)
  • 色は頻繁にメンテナンスしなくてもいい色。
  • 地毛の色がコスト的にもベストだけど、毛量が多く太いのでどうしても重くなりがち。似合う色を美容師さんと相談する(明るすぎない清潔感のある色。ハイライトやローライトを入れる?)

となりました。

美容師さんにも相談しながら、実際に髪を切ったあとはまた追記します〜

さいごに

実は、この記事を書くまで、髪型については自分の中でもけっこうぐるぐるとしていました。

↓こんな感じのボブもいいなーとか。絵を描いて妄想したり。

なるべくコストをかけたくないし、ナチュラルな自分を受け入れるためにも染めずにいこうかなー。

とか、

髪型を定番にするのもあこがれるなー。

黒髪ワンレンボブとかデキル女風でかっこいいなー。

とか。

でも、記事を書きながら脳内をアウトプットしていったら、本当に自分がやりたことがクリアになりました。

髪型についてはローメンテナンス、ローコストがベストだけれど、限界もある。

美容院については、美容師さんと話さなきゃいけない雰囲気が苦手だな…と思ってしまうことも正直あるけれど。

行きつけの美容院をつくってしまえば、それほど気兼ねすることなく、むしろあのひとと話したいから美容院いこうと思えるかもしれない。

いま通っている美容院は、こじんまりしてて、ご夫婦でがんばられてる美容院なのです。

そんなご夫婦を応援したいという気持ちもあったりして^_^

美容院にいってる間は、子どもたちと離れなきゃいけないし、自分だけのために時間もお金も使うなんてダメだー!と自分を追い込んでた時期もあったけれど。

たまには雑誌をゆっくり読んだり、美容師さんと異業種コミュニケーションしたり。

新しい髪型でテンションもモチベーションも上がれば、家族にとってプラスですよね。

子どもをないがしろにするんじゃなくて、メリハリをつけて自分のために時間やお金を使うことは、最終的に家族のためになると思います

みなさんにも、お気に入りの髪型がみつかりますように♪

それでは、今日も心晴れる1日を:)