ワーママの朝。メイクに何分かける?「メイクしてる感」で時短&きれいをめざす!

忙しい朝、メイクにかけられる時間って少ないですよね。

私は最短で4分くらい、時間かけても6分くらいです。

3歳と1歳の息子がいるわが家の朝はバタバタで、いかに自分の身じたくを時短するかは死活問題。

でも、いくら時短しても、自分のモチベーションが上がらなければ意味がありません。

効率よく、自分が納得できるメイクやファッションを取り入れるのが目標です。

今回は、私がたどりついた「効率よくメイクしてる感」をだす方法についてお伝えします。

私はメイクの専門家ではないし、かなり自己流ですが、特に忙しいママさんたちの助けになれればうれしいです。

スポンサーリンク

宇津木流スキンケアが朝の時短をかなえる

私が朝の身じたくを早くできるようになったのは、宇津木先生の本を読んで、宇津木流スキンケアを取り入れたのがかなり大きいです。

宇津木龍一 青春出版社 2012-02-01
売り上げランキング : 3774

by ヨメレバ

宇津木流スキンケアをざっくりいうと、

  • 顔を洗うのは水のみ。
  • 化粧水や乳液は使わない。
  • メイクしてもいいけれど、ベースメイクはパウダー系のものを使う。ポイントメイクは可。メイク落としは純石けんを使用。

というもの。

宇津木式スキンケアについては↓の記事で書いています。

スキンケア&メイクをシンプルに。なんにもしない宇津木流で人生1番のイイ肌になりました。
スキンケア&メイクをシンプルに。なんにもしない宇津木流で人生1番のイイ肌になりました。
寒い冬。乾燥の季節ですね。 私はオイリー肌で部分的に乾燥するタイプ。 この時期、いつもならスキンケアをしっとり系のラインでそろえ...

ズボラな私にとっては「やらないスキンケア」はものすごく楽で、お金もかからず、肌も順調でいうことなしです。そして、メイクしたければしてもいいというところも気に入っています。

ちなみに、私は超ナチュラル志向というわけではまったくありません。ただただ、スキンケアをシンプルにして時短したかった、節約したかったというだけ。だから、特に時短したい、節約したいというママたちにうってつけの方法だと思います。

「メイクしてる感」がでるパーツをさがす

「メイクしてる感をだす」とは「ちゃんとメイクしてる風にみえる箇所」だけをメイクするということ。

だから、実際にはそれほど手間や時間をかけていなくても、ちゃんとメイクしてるな~と社会から認識される見た目になれます。

これは本当に人それぞれだと思うのですが、私の場合、チーク、眉毛です。

子どもが生まれてから、自分のメイクに時間がかけられなくなって、最終的にたどりついたのがこの2つのパーツをポイントメイクすることでした。

育休中(2017年5月に職場復帰予定)にあまり人と会わない日が多くなったことや宇津木式スキンケアを取り入れたことによって、すっぴんでいることに前ほど抵抗がなくなったのも大きいけれど。

それでもやっぱりメイクは好きで、メイクをした日の方がテンションがあがるし、家事や仕事がはかどる気がしています。

私の愛用メイク道具たち

ずらっと並べてみました。実際にメイクするときも並べます。そして、終わったらポーチにぽいぽいっと戻していきます。

左上から順にメイクしていきます。

時間がないときは、最低限、ルースパウダーチーク眉マスカラだけします。というか、ほとんどこのパターンかも(笑)

そうすると、だいたい3分でメイクが完成します。顔を洗い始めてからカウントしても、化粧水などつけないので、たぶん4分くらい

気合いを入れたいときや、気分がのったときは、ファンデーション、アイシャドウ、マスカラ(ビューラーなし)、口紅をします。

その場合でも、6分あればメイク完了です。

①ワセリン

宇津木流スキンケアで唯一使うのがワセリンです。純度の高いものの方が、肌に負担なく日焼けもしにくいのでよいそう。

これを米粒1つ分くらい手のひらにのばして、手で包むように顔にぬって下地とします。これで肌がメイクから守られます。

私はこの小さなチューブタイプのワセリンを愛用中です。

by カエレバ

小さいけれど、1度に使う量が少ないので大丈夫。リップクリームやワックス代わりにも使えます。

②ベースメイク

宇津木流スキンケアでは、クリーム系やリキッド系のベースメイクは肌を炎症させるとされていて、パウダー系のファンデーションがすすめられています。

私も元々は鼻の毛穴が気になって、がっつりリキッドファンデーション派だったのですが、宇津木流スキンケアを続けるうちに毛穴も目立ちにくくなり、リキッドファンデーションは使わなくなりました。

パウダーファンデーションはETOVOSのタイムレスシマ―ミネラルファンデーション。

by カエレバ

けれど、最近ではパウダーファンデーションさえ重く感じて、肌に合っていない気がする…ということで、ルースパウダーのみということも増えています。

by カエレバ

改めてルースパウダーのことを調べてみると、ルースパウダーをパフでつけたら余計な粉をブラシで落とした方がいいそう。

ETOVOSのお試しキットを買ったときについてきたブラシは使い心地がよかったので、こちらを使っています。ブラシ単独でも買えるみたいですね〜。

by カエレバ

③チーク

昔からマキアージュのチークが好きです。

色を混ぜてつけたり、ハイライトのところでぼかしたりできる所がお気に入り。

by カエレバ

ただ、チークのケースが大きいのです。で、オズさんマキさんなど、超有名ブロガーさんの真似をして、無印のアルミカードケースファンデーションとチークを一緒にいれるというのをやっています。ただ、ファンデーションのスポンジやチークブラシは一緒に入らないので、ETOVOSのファンデーション(詰め替え用)が入っていた透明ケースに収納。

思えば、こんな風に生活を工夫して家事や育児を楽に…という考えを最初にえたのは、テレビにマキさんが出演されていたのをみたからでした。そして、宇津木流スキンケアはオズさんのブログで知ったのが始まり。おふたりともワーママさんですが、考え方が柔軟で、いつもおもしろいアイディアをうみだしていて。私なんかよりお忙しいワーママで、かつ生活を楽しんでらっしゃるおふたりのおかげで、少しだけ育休明けが楽しみに思えるのです。いつもありがとうございます。

話しはチークに戻りまして。

チークはぬるだけで顔色がぱっと明るくなって、メイクしてる感もでる重要ポイントと思っています。

似合う色が1番ですが、私はけっこうはっきりしたピンクをさらっと控えめに使い、白っぽいハイライトでぼかします。少しの量で色がでた方が時短になるので。ただ、おてもやんを避けるためにかならず明るいところでメイクします。

また、チークは笑ったとき1番高くなるところに、少し縦長に入れます。丸顔(というか下ぶくれに近い大顔)なので、横にのばしすぎないように注意してます。

チークを入れる位置を確認するために、鏡に向かってにっこりするのもモチベーションUPにつながります。にっこりするだけで、脳が「あれ?いま楽しいのかな⁉︎」とかんちがいして、本当に楽しくなるから不思議ですよね。

④アイシャドウ

ルナソルのスリーディメンショナルアイズ♯01を愛用。ちょっと高いけど、控えめなきらめきやグラデーションの美しさがピカイチ!育休中だったため、ここ1年ほとんど使わなかったのもありますが、長いこともつのでコスパはかなり良いと思います。

by カエレバ

宇津木流スキンケアでは、肌をこすったりするのは肌に炎症を起こさせるし、シワも増えるのでご法度。アイシャドウも1ぬりならOKとなっています。ルナソルのスリーディメンショナルアイズはグラデーションするため4色ありますが、なるべく軽くさらっとぬるように注意してます。

⑤マスカラ

子育て中に、ビューラーを使うのもやめてしまいました。私が使うのが下手なのもありますが、変な角度で上がってしまったり、まつ毛がたくさん抜けてしまってもったいない気がして(笑)

昔から「ぬるつけまつげ」「お湯で落とせる」で有名なイミュのデジャヴをずっと使っています。

by カエレバ

上まつげは2度ぬり。1回目は普通に上下ぬります。2回目は根本にマスカラのコームをあてて、5秒ほど止めたらまつ毛をあげるようにぬります。ビューラーを使ったときのようにはがっつり上がらないけれど、自然でいいかなと。

そして、下まつげもコームの先を左右にふるようにちょちょいとぬります。

実は、下まつげにマスカラをぬるかどうかで、「メイクしてる感」がかなり変わってくるのではと思っています。

⑥眉マスカラ

これも私にとって「メイクしてる感」を簡単にだせる重要アイテム。

以前使っていたものは、眉毛の部分だけニキビが多発してしまい、最近ナチュラグラッセのショコラブラウンに変えました。それ以来、ニキビもでなくなりました。

by カエレバ

私はけっこう眉毛がしっかりしていて、書かなくても大丈夫なタイプです。むしろほっといたらつながる恐れあり(笑)

だから、そのまま真っ黒な眉毛だと顔も強い印象だし、すっぴんな感じにみえてしまいます。

ちなみに今の髪色は黒ですが、眉の色はブラウンにしています。特に違和感はなく、眉マスカラで眉のトーンをあげることで、顔の印象もやわらかくなり、眉を描いてる感もでます(描いてないけど)。

⑦リップ

ETOVOSのミネラルリッププランバーのモーブピンクを使っています。

by カエレバ

色はうすめ。もともと唇の色が濃いめなので、そんなにがっつり口紅をぬったことがないです。でも、口紅ももう少しぬって大人なキレイをめざしたい。

⑧安全カミソリと眉切りハサミ

宇津木流スキンケアでは、うぶ毛や眉毛は抜くより剃ることをすすめています。

洗顔後、よく水気をふいて、何もぬらない状態でやさしく剃ります。何回も刃を肌にあてないようにします。その後はワセリンで保護。

剃るのは、なるべく朝より夜がおすすめ。剃ったばかりの肌を紫外線にさらすのは負担が大きいからです。

私はだいたい週末の夜、子どもたちと夫が遊んでるすきにひっそりと。子どもにみられると、あらぬ噂を立てられそうですからね〜(笑)

メイク道具はポーチ1つに

以上のメイク道具を、ポーチ1つに入れています。私はメイクボックスやドレッサーはもっていません。

ポーチは去年、ローラアシュレイで買ったもの。

たいてい洗面所の鏡でメイクしますが、時間がなければ車で移動中(夫が運転してるとき)にメイクすることもあります。

また、キッチンのパントリーに無印のアルミ折りたたみミラーがしのばせてあるので、朝バタバタなときは子どもたちに声かけしながらキッチンでメイクすることも…。育休が明けたら、そんな機会もどんどん増えそうな予感です(汗)

帰省や旅行なども、ポーチひとつをぽいっとカバンに入れればOKなので楽ちんです。

さいごに

スキンケアやメイク道具、手順…やらなきゃ!と思いこんでたことを手放してみたら、とても楽で時短にもなりました。

そして、以前よりデキもそれほど変わらないという…(笑)

メイクやスキンケアに対する自分の気持ちが変わったのが大きいですが、もういいや!と投げだしたわけではなくて、やっぱりある程度はキレイにしていたい(自己満であったとしても)と思います。

時間はないけど、ポイントをおさえて、メイクも楽しんでいきたいなぁ。

今後、職場復帰して、暑くなってきて、メイクくずれなど状況も変わるかと思うので、追って報告します!

それでは、今日も心晴れる1日を:)

∞∞こちらのテーマも参考になります∞∞
にほんブログ村テーマ
ワーキングマザー

MUJI 良品週間
* 無印良品( MUJI )との生活 *
30代からのキレイ美容法教えて~