子どものお手ふきタオルをエコ煮洗い。保温鍋と過炭酸ナトリウムでしっかりスッキリ

4歳&1歳の息子たち、食事中の食べこぼしがすごいです。

特に二男。

そういう時期だからしかたないんですけどね…。

食事中は2人ともぬらしたお手ふきタオルを準備しています。

お手ふきタオルは、大半が両実家からもらいもののハンドタオル。

実家にはタオルが多い…実家あるあるですよね⁉︎

ありがたく使わせてもらっています。

食後は、食べカスを取り除いてすみやかに水ですすぎ、よくしぼって、夜の洗濯に向けて待機。

すぐ洗濯したいのはヤマヤマですが、毎食後つかうお手ふきタオル、なかなかすぐには洗濯できず…。

キッチンに置いてあるこのカゴに入れて、夜の洗濯を待ちます。

アバカという素材。

以前、無印で買ったものなのですが、いま同じものは売っていないようです。

上に母が昔編んだレースを乗せて目隠しにしています。

スポンサーリンク

エコ煮洗いで匂い・くすみ対策

保育園の給食やおやつで使うお手ふきタオルもそうですが、食べ物を拭いた後のタオルってだんだん匂いやくすみがひどくなってきます。

そんなときは、煮洗いするとしっかり匂いもとれてスッキリです。

わが家では、保温鍋のシャトルシェフ(20年もの)を使ってエコに煮洗い。

普段は料理用です。

一度沸騰させてから保温カバーに入れておくと、中をアツアツに保ってくれるので。

火にかけたままにしなくていい、放置できるというメリットがあります。

夏は部屋が暑くなるので、長時間火をつけたままにしたくないですが、保温鍋なら周りが熱くなることもないです。

さらに今回は、タオルが全体的に黒っぽくくすんできたので、過炭酸ナトリウムもプラスして除菌&漂白効果をねらいます。

鍋に水を入れて沸騰させたら、過炭酸ナトリウムを入れて…

しゅわっとなるので吹きこぼれ注意です!

お手ふきタオルを投入し、再度沸騰するのを待ちます。

沸騰したらフタをして、保温カバーに入れ、1時間以上放置。

気づいたら半日くらい放置してしまいました。

しっかり水ですすぎます。

かなり強力に漂白されたようで、一部色柄ものが色落ちしてしまいましたが…

全体的にはくすみもしっかりとれ、匂いもまったく気にならなくなりました!

過炭酸ナトリウムは色落ちしてしまうようなものにはオススメしませんが。

綿など熱に強い素材で、色落ちが気にならないものは

煮洗い+過炭酸ナトリウム

が1番スッキリする気がします。

そして、鍋ピッカリ!

という、うれしいオマケつき。

わずかにあった焦げ付きなどもきれいになっていました。

さて、夏休みもあっという間に終わり、今日から日常生活再開です。

煮洗い後のタオルのように、心もリフレッシュしたので、またがんばれそうです。

でも、長期休み後の職場って緊張ーーー(T ^ T)

気持ちを切り替えて、リラックスして臨みたいと思います。

それでは、今日も心晴れる1日を:)