明日は十五夜。小さな子どもも食べやすい月見団子の作り方。さつまいもでヘルシー&簡単に

今年の十五夜(中秋の名月)は10月4日です。

十五夜といえば、お団子ですよね。

子どもたちには、季節の行事を楽しんでもらいたいなぁと常々思っています。

でも、小さな子どもがいると、本当のお団子はのどにつまりそうでヒヤヒヤ…です。

かといって、二男用に特別なお団子を作っても、

1歳8カ月の二男はなんでも真似したがりなお年頃。

みんなで一緒に食べられるお団子がいいよねぇ…。

そこで、うちの子どもたちが大好きなサツマイモを使って、お団子を考えてみました。

お団子というか、芋ようかん…的な。

でも、見た目もお月様みたいに黄色くてかわいくできますよ♪

ちょっと十五夜には早いけど、先日、みんなでつくってみました〜:)

レシピというほどでもないのですが、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

さつまいもdeお月見団子

材料もシンプルで、ヘルシーなお団子です。

(というか、芋ようかん)

材料

・さつまいも(食べる部分で200gくらい)

・てんさい糖(さつまいもの重さの10%)

→今回は20g(小さじ4杯)使いました。

・塩(ひとつまみ)

・さつまいもの茹で汁(適量)

レシピ

①さつまいもの皮を厚めにむいて、小さめに切ります。

②ボールに水をはり、切ったさつまいもを入れて5分ほどおき、アク抜きします。

③鍋に水を適量入れ、アク抜きしたさつまいもを投入して、水から茹でます。

④トータル10分ほど茹でて、スッとお箸がとおるくらいになったら、お湯を切って、ボウルにあげます。

※このとき、茹で汁は残しておきます。

⑤スプーンやフォークでガシガシつぶします。ここで、てんさい糖や塩も混ぜ込みます。

フォークの方がつぶしやすいかも。でも私は洗い物を少なくしたいから、スプーンで。

⑥このくらいのなめらかさまで。ちょっとくらい、つぶが残ってても大丈夫です。

⑦ボソボソして丸めにくかったら、残しておいた茹で汁で調節してください。

⑧あとはひたすら、丸めます。大きさはお好みで♪

これはちょっと、小さい子どもには大きすぎるかもですね…。

小さい子どもがいると、のどにつまらないかが心配のタネだったりします。

丸める大きさについて

小さな子どもが食べる場合は、かなり小さめに丸めると安心です。

でも、いくら小さく丸めても、何個も口に入れてしまったりするとのどに詰まる可能性も…。

まんま、さつまいもですからねー口の中の水分もってかれます。

かならず、飲み物を準備して、食べきるまで、見守ってあげてください。

同じく子育て中の先輩談話なのですが。

お子さんが転んだ拍子に、口の中の物がのどに詰まった!というおそろしい話を聞いたことがあります。

さいわいなことに、すぐに吐き出せたので大事なかったそうなのですが…こわい。

わが家では、お行儀が悪いというだけでなく、こういう事故がこわいので、食べてる間に走り回らないように注意しています。

子どもも一緒に

子どもたちにもお団子を丸めてもらいました!

4歳の長男は、けっこう上手に丸めていて、成長を感じました。

まーるくできて、

「お月様みたい!」

と満足顔。

1歳8カ月の二男は…

手に乗せてあげた瞬間、すぐお口に入れちゃってました。

やっぱりね(笑)

こんな事態にも対応できるのが、このお団子のよいところ。丸めてから茹でずにすぐ食べられるというのは、すごくメリットです。

実は、この材料に片栗粉も足して、丸めてから茹でてみたこともあったのですが。

けっこう弾力もでて、小さな子どもには不向きでした。見た目もあまりよくなかったです。

ならば、より材料やプロセスもシンプルで簡単、かつ、子どもも参加しやすい方がいいなぁと、今の形に。

丸め終わったお団子は、少しおそなえしておこうと思ったのですが…子どもたち、待ちきれないようす。

「食べてもいいか、お月様に聞いてごらん?」

と言うと、

「おつきさまーたべてもいーですかー??」

と2人で叫んでいました。

(二男は兄ちゃんのマネしてそれっぽく言ってるつもり笑)

子どもたちの素直な行動にほっこり。

お月様、許してくれたねーということにして、みんなでおいしくいただきました♪

明日、十五夜の本番では、晴れてきれいなお月様がながめられるといいですね〜♪

家族で秋を楽しんでいきたいです。

それでは、今日も心晴れる1日を:)