北風じゃなく太陽になりたいママのお話。金曜夜の魔法でやさしい母になれるでしょうか?

こんにちは。

4歳&2歳の息子たちとお腹の第3子と、毎日バタバタ過ごすワーママのマイミです。

突然ですが、みなさんが1番ごきげんになれる曜日や時間帯はありますか?

うーん、私の場合は…

やっぱり金曜日の夜かなぁ。

私の仕事は土日祝日休みなので、1週間やりきった感と、次の日からの休日どんなふうに過ごそう⁉︎ってワクワク感にあふれているからです。

そんなしあわせな気持ちになれる金曜日の夜には、魔法使いが現れて。

いつもとはちがった自分にしてくれる…ような気がしています。

スポンサーリンク

やさしいママにしてください!

長男が生まれたばかりのとき、NHKのすくすく子育てで、ベテラン保育士の先生が話してたお話がとても印象的でした。

「子どもを1人の人間として認め、受け入れましょう」

「なるべくポジティブな声かけをしましょう」

ふむふむ。

私はそもそも自己肯定感が低く、根がネガティブな人間です。

子どもにはそんな風になってほしくないな…

と常々思っていましたし、今でもそう願っています。

このブログでは、そんな自分の考え方を改善し、家族みんなの笑顔につながるように…と、色々もがいております。

そんなわけで、当時まだ赤ちゃんだった長男をみつめ、

「よーし!これからはポジティブなこと、たくさん話してあげよう!」

とはりきっていたのでした…。

ちなみに、

「子どもを1人の人間として受け入れる」

というのは、頭ごなしに叱ったり、言いなりにさせたりしないで、子どもときちんと向き合うことと認識しています。

また、

「ポジティブな声かけ」

とはどんなものかというと、

例えば、子どもがごはんを食べないときは、

『ごはん食べないと大きくなれないよ』

ではなく、

『ごはん食べたら大きくなれるよ!』

にする…といった、同じ意味でも言い方を変えましょうという趣旨でした。

あれから約5年…(きみまろボイスで)

あのとき、はりきってた新米ママの私はどうなってるかというと。

…はい、はっきり言って、

妖怪ガミガミおばばです。

仕事でのイライラや疲れに加え…

最近はつわりによる体調不良、ホルモン乱れから気持ちにまったく余裕がなく…

特に長男に向かってあれこれガミガミと言いすぎてしまう日々…。

この前、ついに長男に

「もっとやさしいママならよかったなぁ」

なんて、言われてしまいました。

しかも保育園の駐輪場で他のママと比べられました…。

比べられるって、つらい。

これは泣きましたね、ひさしぶりに。

まだまだ赤ちゃんの2歳児二男にくらべ、もうすぐ5歳の長男には、ついつい期待しすぎてしまうのもあると思うのですが。

これはいけないなぁと、改めて思いました。

長男にそんなこと言われる前から、こんな自分は嫌だなぁと、子どもや夫も嫌だろうなぁと、認識してはいたのです。

いつもやさしいママでいられたら、最高だと思います。

でも、今の私には…無理。

ストレスがたまって、逆に爆発してしまうかも。

そうだ、それなら…

まずは金曜夜からはじめよう

いつもは無理でも。

期間限定でなら、やさしいママになれるかもしれません。

それも、1週間のうちで1番ごきげんになれる金曜日の夜なら。

そこで、ここ最近、金曜日の夜は

「ガミガミ怒らない」

「心穏やかに子どもと向き合う」

ということを意識しています。

もちろん、1週間の疲れもあって、ついイライラっとしてしまうこともよくあるけれど…そしたら深呼吸して、仕切り直し。

だって明日は休みだから!

(…と思うと冷静でいられます、私は。)

そのぶん、夜ごはんはいつもより簡単にして、好きなものを食べて、自分のこともねぎらいます。

△こっそりハーゲンダッツとかいいかもしれない

最近、つわりによる体調不良により、ごはんはいつも簡単なものなんですけどね…。

さらに金曜日は簡単に。

栄養は、保育園の給食でとってきてくれるから、金曜の夜は心の栄養を優先します。

その効果とは

効果は、どうなんでしょうか?

実際やってみて、私としては効果アリ。

手応えを感じています。

やっぱり、意識するって大事なことですねぇ。

さらに家事を手抜きしてハードルを下げているので、子どもにちゃんと向き合うことに意識を集中できてるような気がします。

もちろん、命に関わるようなことや、まわりを傷つけるような言動や行動は厳重注意ですが…。

でも、母のメンタルが落ち着いてると、子どもたちもあまり悪事をしでかさないものなんですね。

むしろ、いつもよりおだやかで、ちゃんと話も聞いてくれる…。

あー…やっぱり、家族の空気は母に左右されているんだなぁと、まざまざと思い知らされました。

まさに、北風と太陽。

北風みたいにガミガミ言っても逆効果で…。

母は太陽でいなくちゃ、いけないのですねぇ。 

…で、そんなことを金曜日の夜に実感できると、

「ガミガミ言わないこと」

「子どもとちゃんと向き合うこと」

というのが板について、その後の休日には無意識にその空気を引き継げたりするんです。

平日には、またバタバタと時間とタスクに追われる日々で、そんな余裕なくなっていくんですが、頭のどこかにはその心地よさが残ってる。

そんな感じで、最初は金曜日の夜だけ…と思っていた魔法が、少しずつ染み込んでいって。

週末も…平日も少しずつ…じわじわと。

ちょっとずつでいいから、もっと気持ちに余裕をもったママになりたいなぁ。

魔法がずっと、とけませんように…。

妖怪ガミガミおばばじゃなく。

北風じゃなく。

太陽になりたい、ママのお話でした。

それでは、今日も心晴れる1日を:)