ポジティブなひと4つの特徴。まわりのポジティブ人間を観察してわかったこと。

なにかっていうとすぐネガティブ思考にはしるマイミです。

このブログのテーマでもある

「ポジティブ」

前向きである、楽天的である…そんな意味をもつ言葉です。

そもそもこのブログを始めたのも、ネガティブな自分を変えたかったから。

というより、子育てしながら仕事するなら凹むことなんて日常茶飯事だから、自分を変えないとやってらんない!と思ったから。

で、考えてみました。どうしたら自分を変えることができるか?

私の身の回りにいる人々を観察することで、ちょっとだけヒントがみえないかな…?

私がネガティブだからか、ポジティブなひとがすごく気になってしまいます。

たとえば、夫はかなりのポジティブ思考だったりします。やっぱり自分にないものを求めるんですかね(笑)

ということで今回は、かなり私目線ながら、ポジティブなひとの特徴を観察してわかったことをまとめてみました。

スポンサーリンク

ポジティブ思考なひとの特徴

1.朝型である

これは、かなりの率で当てはまると思います。

たとえば、私の夫はスーパーポジティブシンキングなひとで、小さい頃から朝型だったそう。

20時には寝て5時に起きて遊んでいたらしいです。いまは、子どもが寝てから色々やりたいらしく、夜ふかしだけど。

私が仲良くさせてもらってるポジティブなママさんは、同じくワーママでストレスの多い職場ですが、早起きして家事をしているそう。私はなかなか早起きできないから、尊敬であります…!

やっぱり、夜に考えるとネガティブ思考になりますよね。小さい頃から早寝早起き習慣をつけておくと、思考回路がポジティブにできあがるのかもしれません。

私はというと、小さい頃から夜ふかし型でした…。習い事や塾も多くて、小学生くらいから23時頃寝る生活だったような。

いまはなるべく早起きして自分の時間をもちたいので、チャレンジを続けています。

早起きできない。コツを模索しながらチャレンジ続行中。
早起きできない。コツを模索しながらチャレンジ続行中。
2017年が始まったと思ったら、もう1月が終わり、2月になりました。 ここで、試行錯誤しながらチャレンジしてきた「早起き」の途中経過を...

二男の夜間授乳もあって、なかなかうまくいかないんですけどね…心がけが大事かなと。地道にがんばります。

子どもたちも、なるべく早く寝かせてあげたいものです。共働きだと、どうしても寝る時間が遅くなってしまうけれど。

夜の家事をスムーズにして、子どもたちの睡眠時間も確保してあげたいです。

2.自分に投資する

自己投資といっても、お金にかぎらず、時間や手間をかけ、自分を大切にしているという意味です。

私もそうなんですが、自尊感情が低いと楽しいこと、楽なこと、自分のためになることにお金や時間を使うことにためらいが生じてしまったり、罪悪感をもってしまったりしますよね。

でも、私が観察するかぎり、ポジティブなひとはなんらかの形で自己投資していて、自分のために好きなことをして、心から楽しみ、そんな時間を大事にしてると感じました。

たとえば、温泉やマッサージ、美容院など、自分が気持ちいいと思えることを積極的楽しんだり、自分がこれだ!好きだ!と思ったことやものに、それなりにお金や時間をかける。

そんな風に自分を大切にできるってすてきだなと素直に思います。

3.自信がなくない

私の身の回りのポジティブなひとは、ゴリゴリに自信があって自信過剰!というわけではないので、あえて変な書き方しました(笑)

私は自分に自信がなくて、ひとからの評価を気にしてしまう性格です。少しずつ考え方を変えて、昔よりはまだましになってきたのですが、まだまだ。

これについては、ポジティブな考えができるから自信がもてるともいえるし、自信をもつことができるからポジティブな考えができるともいえると思います。どちらが先にしても、ひとからの評価でなくて自分を軸にした考えだから、根拠のない自信ではなくて、自分が成長してきたことに自信がもてるのだと思います。

4.忘れるのが上手

これは、スーパーポジティブな夫をみていてよく思うこと(笑)

忘れっぽいとか、物覚えが悪いとかではないんです。大事なことはしっかり覚えていたりするので。

一方、私は悪い思い出についてもわりとずっと覚えていて、時々、意味もなく思い出して落ち込んだりしてしまうタイプ。

夫は、嫌な記憶は無意識に消しているのか、あまり思い出して落ち込むということはないみたい。たしかに、過ぎ去ってしまったことを後悔しても、落ち込むばかりでは時間がもったいないですよね。

まとめ

ポジティブな人々を観察して、こんな4つの特徴が浮かび上がりました。

  1. 朝型である
  2. 自己投資している
  3. 自信をもっている
  4. 忘れるのが上手

1と2は、行動なのでその気になれば実行するのはわりと簡単そうですよね。3と4は考え方の癖なので、心がけと時間が必要だけど。

ポジティブなひとは、他人の評価を気にしない。そして、過去を思い出して後悔したり、未来に不安を抱きすぎたりせず「今ここ」を懸命に生き、楽しんでいるのだと思います。

いま「嫌われる勇気」を読んでいるのですが、まさにそこにも書かれていた「今ここを生きる」ということ。

まわりのポジティブな人々を観察して、すっと腑に落ちました。

今後も、まわりのポジティブな人々を参考に、考え方を改革していきたいです。

岸見 一郎,古賀 史健 ダイヤモンド社 2013-12-13
売り上げランキング : 34

by ヨメレバ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、今日も心晴れる1日を:)