セスキ炭酸ソーダで簡単シール剥がし&シール解禁スペースで子どもの気持ちを満たす

小さなお子さんのいるお宅で、よく頭を悩ませるのが、

「シール問題」

ではないでしょうか?

今日はそんなシール問題、わが家なりにどんなふうに対処してるかご紹介します。

スポンサーリンク

貼ってもいいよ!な場所をつくる

わが家の4歳&もうすぐ2歳の息子たち、シールが大好きです。

かくいう私も、小さい頃からシールが大好きでした。

なんかもう、それだけでかわいいモノが、他のモノにペタッと貼れる!ということに、不思議な魅力を感じるというか…

シールだけに、シールへの粘着力…というか、執着がいまだにあります。

ロフトやハンズなんかのシールコーナーで、ずーっとシールを選んでいられる自信がある。

(実際には、そんな時間ないけれど…。)

そんなシール大好き人間なので、子どもたちがシール貼りたい気持ちはわかる。

でも、大人になってみると、大人の事情もわかってきました。

シール、家具には貼ってほしくないんだよー。

なぜなら、はがれないから…!

跡が残るから…!

でも、むやみに

「家具に貼っちゃだめ!」

といっても、小さな子どもには理解できないと思ったので、

「ここにはシール貼ってもいいよ!」

という「シール解禁スペース」を作ってあげました。

そういう特別感が子どもたちにはいいようです。

わが家の場合、シール解禁スペースは、無印のダンボール素材の収納ボックスです。

見た目はごちゃっとしてしまってアレですが…。

ここには、子どもたちのお勉強もの(こどもちゃれんじや子ども用のドリルなど)を入れることにしています。

自分の場所だから、自分でカスタマイズしていいよーと、いうことにしました。

紙素材だから、シールを貼られても、母的に許せる…というのもあります。

まだ、ボックスの中身は自分で管理できるわけではないのですが、外見はシールでバッチリカスタマイズ⁉︎されております。

その後、子どもたちはあまり他の家具にシールを貼らなくなりました。

「自分の場所」に貼れることがうれしいみたいです。

そのおかげか、遊びに来てくれた友人からは、

「小さい子どもがいるわりに、家具にシールとか貼ってなくてキレイだね〜」

と、お褒めの言葉をいただくこともチラホラです。

セスキ炭酸ソーダで簡単シール剥がし

いくら貼ってもいいよスペースを作っていても、他の家具に貼られちゃうこともあります。

例えば…

わが家のリビング、テレビ側を撮ってみました。

左下にぽつんと…

気になる点がありますねー。

寄ってみましょう。

ばばん。

ひと世代前、大人気だった「ジュウオウジャー」の「ジュウオウゴリラ」様です。

がんばってはがそうとしたものの、跡が残りそうになって、あきらめたままになっていました。

うーん、なんだか哀愁漂う感じに…。

このまま、年を越すのはいやだなー。

わが家の家具は基本的に白いので、ジュウオウゴリラ様の真っ赤な情熱が、とても目立つんです…。

そんなとき、思いたってやってみたのが、

セスキ炭酸ソーダパック

自作のセスキ炭酸ソーダ水(水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1を混ぜたもの)です。

キッチンに常備して、油汚れなどに日常使いしています。

入れ物はリセッシュの空き容器に、ラベリングシールをぺたっと。

→やっぱりシール楽しいわ~。

これを、ジュウオウゴリラ様にシュッシュして…

上からラップで覆ってパック。

密着度を高め、蒸発を防ぎます。

約2時間、放置後…

濡れたタオルでやや強めにこすると、ぽろぽろ…ぺろろん!

とキレイにはがれました!

簡単!楽!

セスキ炭酸ソーダ水、いつもわが家にあったんだから、早くやればよかった!

いま家にお悩みシールポイントがあって、なおかつセスキ炭酸ソーダをもってる、そこの奥方!

ぜひ今すぐチャレンジですよ〜!

※わが家のツルツル素材のテレビボードは大丈夫でしたが、素材によっては傷めてしまうことも考えられますので、目立たないところで試してから、シール剥がしされるのをおすすめします^^

…というわけで、わが家のテレビボード、晴れて元どおりとなりました。

ずっと気になっていたモヤモヤが解消して、私の気持ちもスッキリです。

これで、気持ちよく年が越せそう。

シンプルすっきりな家をめざしたいけど、禁止事項ばかりでは続かないと思うので。

うまく折り合いをつけながら、家族みんなが居心地の良い空間にしていくのが目標です。

それでは、今日も心晴れる1日を:)