スキンケア&メイクをシンプルに。なんにもしない宇津木流で人生1番のイイ肌になりました。

寒い冬。乾燥の季節ですね。

私はオイリー肌で部分的に乾燥するタイプ。

この時期、いつもならスキンケアをしっとり系のラインでそろえて、お風呂上がりにたっぷりつけていました。

でも今シーズンは、6月から『宇津木流スキンケア』をはじめて、化粧水や乳液などのスキンケアはなんにもしていません。

時間もお金も手間もかからず、肌の調子も生涯で1番イイといってもいいくらいの状態で、とっても快適。

今回は、2016年6月からはじめた『宇津木流スキンケア』について、これまでの肌の変化をつづってみたいと思います。

スポンサーリンク

宇津木流スキンケアとは。

この方法を考案された宇津木龍一さんは皮膚科のお医者さんです。

患者さんの肌が炎症を起こしている原因を調べるうちに、化粧水や乳液、クリームなどに含まれる界面活性剤や油脂が、肌のバリアをこわし、肌荒れを引き起こしていることに気づいたそう。

しかも、防腐剤によって肌の常在菌が死んでしまい、悪い雑菌が増えてしまう場合もあるそうで。

子どものすべすべほっぺに頬ずりしたら雑菌がー!

と考えたら、すごくショック…。

それに、子育て中はお風呂上がりや朝の時間はバッタバタ…!

スキンケアどころではないし、楽にこしたことはないですよね。

宇津木流スキンケアは、水(ぬるま湯)のみで洗顔し、肌に負担のあるスキンケアや化粧品をすべてやめ、必要があればワセリンのみでケアする方法です。

私なりの宇津木流スキンケアのやり方。

そんな宇津木流スキンケアの方法はいたってシンプルです。

私は宇津木龍一さんの『肌の悩みが消えるたった1つの方法』という本を読んで、自分なりにスキンケアしています。

宇津木龍一 青春出版社 2012-02-01
売り上げランキング : 4125

by ヨメレバ

基本的に以下のような感じです。

  • 顔は水のみで、こすらずやさしく洗う。
  • お風呂ではシャワーのぬるま湯を顔にかける。
  • ふくときはこすらないように。タオルでおさえて、よく水分をふきとる。
  • 乾燥や肌荒れが気になるときは、ワセリンを米粒大とって手のひらでよくのばしてから皮膚につける(皮脂くらいの量を補う感じ)。
  • 基本的にはメイクせずに素顔で過ごす。
  • 太陽のもとにいる場合はツバの広い帽子をかぶる(日本人の肌の場合、15分以内であれば日焼け止めの必要はない)。

ほっぺに手をおしつけて離すと、もちっとして吸いつくような肌…というのがうるおった状態だと思っていたのですが、『さらさら』なのが理想の肌の状態なのだそうです。

メイクしてもだいじょうぶ。メイクした場合のスキンケア方法。

宇津木流スキンケアを続けると、メイクしなくても大丈夫なくらいの肌になれるそう。

でも、始めたばかりの頃はメイクしないで外出するのは気がひけますよね。

それに、私はメイクすることで女子力を意識したりして、モチベーションもあがったりするので、多少メイクはしたい派です。

宇津木流スキンケアを参考に、メイクする場合はこんな感じにしています。

  • ファンデーションはパウダリーファンデーションにする。(フィニッシュパウダーがより理想的)下地はワセリンをぬって肌を保護。
  • ポイントメイクはパウダー状のものならOKだけど、控えめに。私は、パウダーチーク、眉マスカラ、リップのみのことが多いです。いま髪はほとんど黒に近いのですが、眉毛が濃くてキリッとしてるので、眉マスカラで少し明るくしてきつい印象にならないようにしています。気分によってはビューラーなしでマスカラをしたりも。
  • メイクした日は、ふわふわに泡だてた石けんでやさしく洗う。本では「純石けん」の使用がすすめられていましたが、私は「松の力」というマルチに使えるエコ洗剤を5倍にうすめて泡だてて洗っています。

《2016年6月~2017年2月》宇津木流スキンケアによる肌の変化。

2016年夏

宇津木流スキンケアをはじめたのは2016年の6月でした。

はじめたばかりの頃は、洗顔後に何もつけないということに違和感があり、肌もつっぱている感じで、少し粉をふいたような状態になりました。

でも、6月で湿気の多い時期だったからか、ワセリンでケアしたらそんなに気になるほどでもなく。

ちょうど育休中で、そんなに外出するわけでも、特別ひとと会わなければならない状況でもなかったため、メイクも最小限ですんだためかもしれません。

梅雨が終わると、日差しの強い夏がやってきました。

子どもの保育園送り迎えや、外遊びのときなどは、なるべくツバの広い帽子をかぶるようにしていました。

それから、少し外に長くでる日はミネラルファンデーションをつけていました。これは筆でつけるタイプで、UV効果もありますが石けんで落ちるという代物です。

これで、顔の日焼けはまったく気になりませんでした。何もぬったり隠したりしなかった腕はこんがり焼けていたので、顔の方は帽子やミネラルファンデーションの効果かと思います。来年は腕をかくしたりしようかな…。

お風呂では、すっぴんの日はお湯のみをシャワーでさっと顔にかける程度にして、お風呂後、肌に異常がなければそのままで過ごしました。

メイクした日は「松の力」5倍希釈の泡を多めにだして、泡の弾力で顔をこすらずに短時間で洗うようにして、お風呂後はワセリンをごく少量使いました。

2016年秋

秋になって少し乾燥した時期になっても、肌に大きなトラブルはなく。

むしろ、肌の軽さや「さらさら感」が気持ちよくて。

さらに肌全体がふっくらとしてきたような(もともと丸顔なので、ほっぺはパンパンなのですが…)。

1番うれしかったのは、長年悩みだった鼻の毛穴の黒ずみが目立たなくなってきたことでした。

中学生くらいから気になりだして、毛穴パックやスクラブ洗顔、美白…といろいろ試してきたけれど、どれもほとんど効果がなく…大人になってからは、この毛穴をかくすためにリキッドファンデを塗り込む日々でした。

それが、なにもしないことが1番効果的なんて…!

いま思えば、毛穴の角栓をむりやり抜いたり、こすったり、害のある成分を塗り込んだり…一時的には効果があっても、肌にとっては炎症をまねくことばかりしていたんですね。

思春期の頃は見た目も気になりだし、きちんとした知識もないまま、いろいろやってしまったけど。あの頃の自分に教えてあげたいです(涙)

この頃、ファンデーションを筆でつけるタイプから、スポンジでつけるタイプのパウダリーファンデーションに変えました。

2017年冬

さて、本格的に冬になってきて、一時小鼻の皮むけがひどくなってきたことがありました。

ちょっとかゆいし、一度気になりだすと、よくさわってしまって、なかなかよくなりませんでした。なるべくさわらないように我慢して、ワセリンを少量ぬっていたら、次第によくなりました。

やっぱり、肌への刺激が1番よくないんですね~。

クリスマス、お正月と実家にわりと長期間帰省したのですが、スキンケア用品が必要なかったのでとっても身軽だし、気持ちも楽でした。

メイク道具も小さなポーチひとつ。この中に、小さなワセリンの容器もいれています。

現在:2017年2月

現在のところ、肌に少し異常があるとしたら、眉の中だけにできものができること。

ちょっと前から思っていたけど、眉毛の中だけということは、眉マスカラが原因な気がしています。1週間ほどメイクしないときがあったけど、そのときは改善したので。

眉マスカラの成分なのか、中で雑菌が繁殖してるのか…?

他のものに変えて試してみたいけど、なかなか気に入るものがなく物色中です。

ずっと欠かせなかった(と思い込んでいた)美白もののスキンケアをまったくせず、夏も帽子と軽いUV効果のあるミネラルファンデーションのみで過ごしたけれど、なんだか肌が白くなった気がします。キメが整って、肌のトーンがあがったからかもしれません。

小鼻に少し赤みがあるのと、鼻の毛穴の黒ずみはまだ完全になくなっていないのですが、手をかけてきた部分ほど回復に時間がかかるようなので、今後の改善に期待したいと思います。

子どもたちも宇津木流スキンケアしてます。

ちなみに、3歳と1歳の息子たちも、普段はお湯のみで体と頭を洗っています。

ものすごく汗かいたり、汚れたな~ってときのみ、松の力の泡で洗っています。

普段はお風呂後はなにもぬっていません。

皮膚が乾燥してるなと思ったら、ワセリンを少量ぬるようにして、それでもよくならなかったら皮膚科へ行くようにしています。

去年まで、長男は毎年冬に肌が乾燥してガサガサになり、皮膚科によく通っていたのですが、今年は調子がよく、まだ1度も皮膚科にはお世話になっていません。

二男は生まれたばかりの頃、乳児湿疹などで皮膚科にお世話になっていましたが、最近は大丈夫。でも、少し皮膚がガサガサしてきたので、ひとまずワセリンで様子をみているところです。

2人とも成長して肌が強くなったのもあるかもしれないけど、これまで必要以上にボディーソープで洗いすぎたり、保湿剤をぬりすぎたりしていたのかも。

今後、成長とともに皮脂の出方など変わってくると思うので、様子をみながら洗い方など考えていこうと思います。

まとめ

イイ肌を保つためには、ずっと必要だと思ってきた化粧水、乳液、美容液、日焼け止めetc…。

毛穴を隠すために手放せなかったリキッドファンデーション。

それらをすべてやめることで、時間もお金もかからなくなっただけでなく、人生で1番イイ状態の肌を手に入れることができました。

それに、旅行や災害時など、スキンケアのことに気を回さなくていいのは本当に気持ちが楽で、身軽に行動できると思います。

とはいえ、やっぱり最初にすっぴんで外にでることにはかなり抵抗があったので、育休中に慣れておけてよかったです。もしかしたら、育休中にやっておいてよかったことNO.1かもしれない…。

自己満かもしれないけれど、メイクによるちょっとした変化を楽しみたいので、少しのメイクは続けたいけど。

年を重ねても、すっぴんで自信がもてる肌になれたら最強だなぁと思います。

今後、職場復帰したらメイク事情など変わるかもしれないので、また経過などお伝えします。

それでは、今日も心晴れる1日を:)