お家に感謝しながらこなす週末のルーチンおそうじ。最適なのは1番身近なアノ道具でした

土曜日の朝は、平日になかなかできない家事をするのが日課…ならぬ週課になっています。

今日は、1番身近で意外なアレが蛇口や床のそうじに役立ち、大切なことに気づくスイッチになったよーというお話です。

スポンサーリンク

いつもお水をありがとう

毎週土曜日は、お家のリセットを目標に、いつもできないそうじなどの家事をすることにしています。

週末のお家リセットを習慣にしたい!「後片付けじゃなくて前準備」がわが家のモットーです
週末のお家リセットを習慣にしたい!「後片付けじゃなくて前準備」がわが家のモットーです
みなさま週末はどのように過ごされたでしょうか? わが家は共働き&息子2人は3歳と1歳。ちょっと気を抜こうもんなら家の中はカオス...

キッチンのシンクそうじもそのひとつ。

このとき、水道の蛇口もそうじしているのですが、実はそれにはスポンジは使ってません。

私が使ってる、1番身近な道具は、手です。

以前、誰か有名人がトイレのすみずみまで手できれいにしている…というのを聞いたことがあります。

さすがにトイレを手でそうじするのは抵抗があるけれど、水道の蛇口であれば、そこまで抵抗なく。

水道の蛇口を手でそうじするメリットは3つ。

・手の感覚で汚れ具合がわかる

・気軽にそうじする気になる

・色んなことに感謝したくなる

1番目と2番目はともかくも、3番はどうなのよ?

と思われるかもしれません。

もしかして、そんな風に思うのって私だけかもしれませんが。

手でみがく、それだけで、ほんとになんだか謙虚な気持ちになるからふしぎです。

おそらく、手で洗うと、蛇口をなでなでしてるような感覚になるから。

いつもお水をありがとう!

そんな気持ちになるのかも(笑)

そんな気持ちでみがいたあとは、ぴっかー!

気持ちいいー。

でも、しばらくするとすぐ水アカによるウロコがでてきてしまうので。

週1じゃなく、も少し頻繁になでなでしてあげたいものです。

…いや、申し訳ないけど、もうしばらくは、息子たちをなでなでする時間を優先にさせてもらおう。

服やお家にも感謝

今日は、長男の誕生日お祝いパーティーでした。

じぃじとばぁばやおじさんたち、ひぃじぃ、ひぃばぁ…総勢12人がうちに集まったので、午前中はちょっと気合いを入れておそうじ。

ひさしぶりに、ぞうきんがけしました。

あ、1歳二男がまだまだ食べこぼしがすごいので、毎日テーブルの下をぞうきんかけてはいるんですけど。

ヒザをつかずに、たたたたたーっとやるぞうきんがけは、しばらくやってませんでした。

基本的に、ぞうきんは汚れてしまったタオルや、着古した服をウエスにしたものを使います。

今日は、春シーズンまで部屋着にして着倒していた無印のオーガニックコットン長袖Tシャツをウエスにしました。

服をムダ買いしないためのマイルール。無印良品週間で買わなかったもの。
服をムダ買いしないためのマイルール。無印良品週間で買わなかったもの。
服がたくさん増えてしまって、捨てどきに困ってしまいますよね。なるべくモノを増やさず、気持ちよく暮らすために心がけていることがあります。部屋着の考え方なども語ります。

あなたのおかげで、心地よく過ごせました。

ありがとう!

そんな感謝の気持ちをもって、はさみをいれる。

コットンなので、ウエスにしても扱いやすいです。

とてもお気に入りのTシャツだったけど、これだけ着倒して、そうじしまくってから捨てると、罪悪感なくお別れできますね。

二男もまねしてお手伝いしてくれました。

私は学生時代をずっと剣道部で過ごしました。

全然強い部ではなかったけれど、剣道が好きな仲間と一緒に日々汗を流すのがとても好きでした。

剣道では、道場や体育館に入る前に礼、立ち去るときも礼。

「場」に対する敬意や感謝を表す礼です。

そして、稽古の前と後には、ぞうきんがけをして道場や体育館を清めます。

ぞうきんがけは全身運動なので体を鍛えるという意味もあり。

疲れるけれど、きれいになって気持ちよく、清々しい気持ちになっていたことがなつかしい。

家をきれいにすることは、家に対する敬意や感謝、愛情を表すことなんだなと、ぞうきんがけしながら改めて気づきました。

剣道部での経験から、私にとってはぞうきんがけが、そんな感謝の気持ちを思い出すスイッチになったのでした。

便利な道具もたくさんあるけれど、ときには自分の手や足をシンプルに使ってそうじすることで、大切なことを思い出せる気がしています。

それでは、今日も心晴れる1日を:)