通勤時間はスポーツだ!という発想の転換

最近なんだか疲れやすいなぁ。

夏バテかな?

育児疲れ?

寝ても疲れがとれない状態が続いています。

スポンサーリンク

体力が落ちてるのかも

家では育児や家事。

職場では仕事や時間に追われ…。

せめてもの癒しに職場デスクに多肉植物を置いて愛でています♡

精神的に疲れがたまっていると、なんだか体も動かしているように錯覚してしまうけど。

実は運動量としては少なく、運動不足になってるママが多いんだとか。

運動といえば、スポーツジムに行ったり、ランニングしたり…と思い浮かぶけれど。

子どもが小さいうちは、そんな時間をとるのがむずかしかったりします。

私も、週末に子どもと公園で遊ぶのが唯一の運動かも。

でも、ここんところ毎日暑いー!暑すぎる!

…となると、動くのも嫌になりますよね。

私もエレベーターやエスカレーター、あれば必ず利用してました。

でも、暑いからといって冷たいものばかり飲んだり、動かなかったりすると血行が悪くなり、ダルさは増す一方…。

悪循環をなんとか断ち切りたーい!

通勤はスポーツだ!

そこで、通勤時間のとらえ方こんな風に変えてみました。

【以前】

あー疲れたなぁ…

体だるいなぁ…

これから仕事かぁ…

疲れてるしエレベーター使おう

なかなかエレベーター来ないなぁ…イライラ

【現在】

ちょっと疲れてるけど、階段のぼったろー!

体力がつけば疲れにくくなるし、血行がよくなって朝から仕事もはかどるはず。

るんるーん♪

ちょっと現在の考え方、気持ち悪いですか?

そうですね、ちょっとカラ元気入ってます。

けど、実は現在の考え方の方が、いろんな意味でお得感があります。

人間という生き物は「お得だ!」と思うとモチベーションがあがるものなんだそうです(笑)

実は、通勤時間をスポーツにする!というのは、ポジティブな夫=ポジ夫が以前からやってること。

たしか、以前スポーツ飲料のCMでも言ってたような。

考え方を変えるだけで、通勤時間も楽しく、体力アップの時間にすることができるんじゃないかなーと考える今日この頃です。

通勤スポーツで得られる3つのお得

①時間とお金の節約

ジムに行く時間はないけれど、通勤は毎日のことなので、習慣にしてしまえばこっちのもの。

しかも、あたりまえですがお金はかかりません。

ダラダラ歩いたり、混んでるエレベーターを待つよりも。

早歩きや大股歩きにしたり、階段を使ったりすることで、通勤時間の短縮になることはもちろん、その時間を有効に使えてとってもお得です。

いつもより早く職場に着けば、仕事もはかどります。

たまにはゆっくりコーヒータイムしてもいいかもしれませんね♪

②体力がつく…もしかしたらやせるかも

少し早歩きにしたり、大股歩きにしたりするだけで、いつも使わない筋肉が鍛えられたり、消費エネルギーがアップしたりします。

継続することで、確実に体力がつきます。

階段を1段のぼるごとに、寿命がちょっぴりのびる…なんてことも言われますよね。

これは、特に足の骨や筋肉を強くすることで、老後に寝たきりになるリスクを減らすことができるという見方からきている言葉です。

もちろん老後も健康でいたいもの。

チャーミーグリーンが夢なので(笑)

結婚記念日に考える理想の夫婦像。歳をとっても心をつなぐ夫婦でありたい。
結婚記念日に考える理想の夫婦像。歳をとっても心をつなぐ夫婦でありたい。
私ごとですが、昨日は結婚記念日でした(結婚式を挙げた日)。二男のお熱でそれどころじゃなかったけど。 早いもので結婚6年となりました。 ...

今から寿命をコツコツのばしていくのもいいかも⁉︎

③コントロールできる時間をふやす

子育てしていると、特にたまるのが「コントロールできない」というストレスだと思うんです。

子どもが自由人なのは当たり前ですが、それをなんとかして、ごはんや着替え、お風呂、寝かしつけ…とさせるのはひと苦労…。

そもそも、自分以外のひとや環境をコントロールするっていうこと自体が無理なこと。

だから、子どもをコントロールしようというのが間違いなんですけど。

最低限の生活はしなくちゃいけないわけで…。

そうなるとやっぱり、「思い通りにいかない」というストレスがたまります。

子育て以外でも、仕事や人間関係、何かとコントロールできないことって日常的にでくわします。

だから思いました。

せめて、通勤で歩いてる間は、自分で自分をコントロールしよう!と。

エレベーターを待ってる時間はイライラするけど、階段をのぼればイライラしない。

私の職場は5階なのですが、階段をのぼることが習慣化してきました。

疲れるけど、だんだんアドレナリンがでるのか?階段のぼりハイになり(笑)

のぼりきったときに達成感も味わえます。

暑い日は熱中症に気をつけながら、通勤スポーツ楽しんでいきたいと思います♪

あいかわらず、週の半分はスニーカーのお世話になっています。

私のくつ選びの基準。365日走れる靴が基本です。【ワーキングマザー通勤靴】
私のくつ選びの基準。365日走れる靴が基本です。【ワーキングマザー通勤靴】
くつ選びにはさまざまなポイントがあると思いますが、私のこだわりはただひとつ。 それは走れること。 これは昔から変わらず、小学校〜...

それでは、今日も心晴れる1日を:)