3日坊主な私が続けられている育児記録の正体。ひとは忘れる生き物だから一言だけでも書いておく

みなさん育児日記ってつけてますか?

子どもの成長記録は残したいけど、なかなか続けるのは大変ですよね…。

あれは4年ほど前。

長男が生まれた時、育児日記をつけるぞー!と気合いを入れてかわいいのを買ったのに、結局1週間くらいで挫折。

夫もあきれていたのを思い出します…(遠い目)

今日は、そんな私も続けられている育児記録のお話です。

スポンサーリンク

育児記録の正体

わが家は共働きで、長男は8ヶ月、二男は1歳3ヶ月のときから保育園に通っています。

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが…

そう、私の育児記録の正体は、保育園の連絡帳です。

保育園によってちがいはあると思いますが、息子たちが通う保育園では連絡帳があり、保護者が書くところと、保育園の先生が書くところがもうけられています。

この連絡帳に、子どもの成長がわかる出来事や、家庭であったおもしろかったこと、大変だったことなどなど…

バタバタの日々ですが、なるべく思い出して、一言でもいいから書いておくことにしています。

ちょっとだけご紹介

例えば、こんな感じに。

あー字が汚い…お目汚し失礼します。

二男が変顔を覚えて、みんなで大笑いしたエピソードを書きました。

先生からも、

「想像してほっこりしました」

とコメント♪

こちらは長男のエピソード。

最近、保育園でアサガオの種をみんなで植えて育てていると聞き、帰りに一緒にみたときのエピソードです。

あ、上にノート忘れ…ってありますね〜。せっかくがんばって書いたのに忘れるという…そんな朝はくやしさMAXです。

先生方との交換日記

それから…

時には反省の意味も込めて、こんな書き込みも…。

最近、ほとんど失敗することがなかった長男ですが、おしっこをガマンして遊んでいて、失敗してしまい。

このとき私の気持ちに余裕がなく…生理的なことでしかたないのに、しかりすぎてしまいました。

こんなときは、先生が励ましのメッセージをくださることもあります。こんな風にしていくといいですよ、といったアドバイスがあることも。

文面から私の疲具合を感じ取るのか、大変そうだと感じると、お迎えのときに声をかけてくれたりしたこともありました。

先生方と交換日記をしているような…そんな感覚かもしれません。

先生方は、子どもたちがお昼寝している時間にコメントを書いてくださるみたいなのですが、毎日毎日、本当に大変だなぁと思います。感謝感謝です。

連絡帳を書くタイミング

理想は、前日夜にある程度書いてしまって、翌朝には体温や体調のことなど付け足すだけにしておくこと。朝の時短にもつながりますよね。

さらに、朝はバタバタで書くことが思いつかず、その日の朝にあったエピソードばかりになってしまいがちです。

昨日いろいろ書きたいことがあったはずなのに頭が回らない!ということがよくあります。

…でも、夜もバタバタで連絡帳を書くところまでいきつかなーい!ということも…。

どこかにちょちょっとメモしておくのもいいかもしれませんね〜。本当、最近なんでもメモしないと覚えていられなくて。

ポンコツな脳みそが悲しいです(涙)

ひとは忘れていく生き物

保育園に通っていると、家で一緒に過ごす時間が本当に少ないです。

平日、息子たちと家で一緒に過ごせる時間は、朝夕合わせて5時間くらいでしょうか。

子どもの成長はうれしいけれど、前はどうだったかな…?と考えると、思い出せなくなってるんですよね…。

かといって、自分だけが見る日記だとモチベーションが保てない性格なので。

先生や夫もみるし、毎日書かないといけない保育園の連絡帳だからこそ、続けられています。

ママ友にも聞いてみると、イラストを描いてみたり、ちゃんとオチまで考えて書いてみたりと…連絡帳には、それぞれの物語がつまってるんですね〜。

みんなの連絡帳をのぞいてみたくなっちゃいました♪

さて、今日はどんなふうに保育園で過ごしてきたかな?

連絡帳をみるのが楽しみです。

それでは、今日も心晴れる1日を:)

∞∞こちらも参考になります♪∞∞
ブログ村テーマ
笑顔になれる子育て