4歳の誕生日にレゴクラシックをプレゼント。お片づけマットは期待以上に使える!

先日、長男が4歳をむかえました。

何をプレゼントにするかさんざん悩んだのですが…。

今回は、4歳の息子にレゴクラシックをプレゼントしたよーというお話です。散らかるブロックのお片づけ事情についてもレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

プレゼント選びで重視すること

子どもへのバースデープレゼント、毎年何をあげるか悩みます。

本当は子どもがほしいものをあげられるのが1番なんでしょうけれど。

子どもにほしいものを聞いても、まだよくわかってなかったり、ものすごーく寿命の短いもの(来年には次のシリーズが始まるであろうヒーローものとか…ごにょごにょ…)を選んだりとか。

私と夫が子どもたちにプレゼントするとき重視しているのが、

・長く使える?

・そこから遊びが広がる?

・子どもの想像力がふくらむ?

・子どもの好奇心が刺激される?

ということです。

そしてもちろん、

・子どもがよろこぶかな?

ということは何より大事ですよね。

プレゼントに選んだもの

そこで今回のプレゼントのメインは、レゴのブロックにしました。

これまではデュプロという大きめのブロックでしたが、少し対象年齢の高いものにレベルアップ!

レゴクラシックは、ちょうど対象年齢が4歳〜です。

けっこう小さなパーツも入っています。

だからこそ、作れるものの幅が広がって楽しいんですよね♪

1歳半の二男もさすがにまちがって呑み込むことはないだろうとは思いますが、ちょっと気をつけたほうがいいかも。

そして、これが散らかったら、片付けが大変だなぁ。

大人の事情、なんですけどね。

お片づけお助けアイテム

ブロックが大好きな長男、大喜びでずーーーっと集中して作っていました。

それこそ、寝食忘れる勢い(汗)

集中力がついてきたのはいいんですが、やることはやってくれ。

もう寝る時間だよー!

もうごはんだよー!

お片づけしよう!

そんな声かけすることが増えました。

レゴクラシックはけっこう細かいパーツがたくさんあるので、お片づけも大変そう…ということで。

今回はお片づけに役立ちそうなアイテムも同時にゲットしました。

基礎盤

完成したレゴの作品を置いておける基礎盤。

これはお片づけグッズではないけれど、部屋をごちゃごちゃさせない…という意味で意外にも活躍してくれています。

これまで、完成品を二男にこわされないようにと、キッチンカウンターにごちゃごちゃと置いていました。

私としては、キッチンカウンターに何も置かないのが理想なのですが(涙)

でも、完成品はこの基礎盤に乗るだけ…とルールを決めたら、前より散らかりにくくなったかも。

そして、見た目も前より雑然としなくなった気が…。

あくまでわが家比です。

お片づけマット

これ、おすすめです!

柄もいろいろありましたが、私の希望は部屋においてもなじみがよさそうなもの。

今回は安くなってたのを試しに買ってみました。

パンダ柄。

ひもをギュっとしぼるとバッグのようになり、広げるとマットになります。

広げていたブロックが一気に片づけられるというスグレモノ♪

子どもにも、

「パンダさんの中でやろうねー」

「パンダさんがお片づけお手伝いしてくれるよ♪」

と言うと受け入れてもらいやすいので、パンダ柄にしてよかったなーと。

マットを広げた中で、喜んで遊んでいます。

大きさは140センチのタイプ。

4歳長男と1歳半の二男が一緒に入って、なんなら寝っ転がっても大丈夫な大きさに満足です。

パンダさんのおかげで、思ったほどブロックも散らからず、親子ともども快適です。

息子がほしがった意外なもの

これは少し前のお話。

誕生日プレゼント何がいいかね〜?

と長男と話していたときのことです。

いろいろとほしいものをあげていた長男でしたが、突然

「ママはずーーーっと笑っててね」

…ママの笑顔がプレゼントってことでしょうか。

というか、そんなに私、笑顔が少なかったのかなぁ。

ちょびっとショック。

と同時に、4歳ともなると、うまいこと言うもんだなぁと感心してしまいました。

それ以来、必要以上に怒りすぎないように。

気をつけています。

意識してみると、たしかに私、笑顔が少なかったかも。

だって疲れるんですもん(笑)

怒ってるわけじゃなくて、疲れて無表情みたいなことも多い気がします。

知らず知らずのうちに笑顔を忘れていたんだなぁと思い知らされました。

無理しすぎることはないけれど。

自分が笑顔を意識することで家族みんなが楽しくなれば、好循環が生まれます。

逆もまたしかり。

家族が疲れたり、しょっちゅう怒ったりしてたら、そりゃやだよねぇ…。

少しばかり無理してでも笑ってる方がいいかもしれない。

長男が生まれて4年。

私も母となって4年ということになります。

まだまだ修行中だけれど、子どもと一緒に一進一退。

何より笑顔を忘れずすごしたいなぁ。

そんなことを思った誕生日でした。

それでは、今日も心晴れる1日を:)